プロミスの審査

プロミスの審査を徹底分析!

プロミスは審査が早い

 

プロミスの審査を、
下記公式サイトから新規契約した方限定のお得な特典!

 

  1. 今なら最大2000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!
  2. 30日間無利息サービスで約1ヶ月分の利息がゼロ!

 

\審査時間はスマホで最短30分!/

 

 

 

「プロミスのレディースキャッシング」
安心の女性オペレーターによる対応が人気の秘密。

 

フル入力申し込みならオペレーターとの会話なしでWeb完結も可能です。

 

↓女性限定申し込み&審査はこちら↓

 

※申し込み時間:24時間いつでも(平日土日祝)
※最短即日審査可能時間:9〜21時(平日土日祝)

 

[補足]
審査時間外でも先に申し込みだけ済ませると後がスムーズ!

 

※先のプロミス公式サイトで「1.2」のキャンペーンが終了している場合はご了承下さい。
※プロミス30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細の利用が条件。

 

プロミスの審査&申し込み情報

 

融資時間 最短1時間融資 ※スマホ可
審査時間 最短30分回答 ※スマホ可
無利息期間 初回利用の翌日から30日
来店 不要
利用限度額 1〜500万円
実質年率 4.5〜17.8%
申し込み条件 20〜69歳で安定収入あり

※主婦、学生、アルバイト・パートでも審査により可。

必要書類 運転免許証のみ
保証人・担保 不要

 

\審査時間は最短30分回答!/

 

※30日間無利息はプロミスの借入が初回でWeb明細利用&メールアドレス登録の実行が必要
※無職や専業主婦の方は借り入れ困難。
※最短1時間融資、最短30分の審査回答は申し込みの時間帯等により希望に沿えない場合有
※必要な物は借入希望額50万円以下の場合の金融条件
※運転免許証が無い場合はパスポートでも可

プロミスで審査する前のチェックリスト

 

プロミスで審査前にチェック

 

 

  1.  20歳以上69歳以下
  2.  毎月継続した一定の所得がある
  3.  他のキャッシングで多額借りていない
  4.  現在又は過去に複数回の延滞はない
  5.  今考えている希望額なら無理なく返済できる

 

 

リスト全てにチェックが付いたあなたは、心配せずプロミスの審査に進んでみて下さい。
私の周りでも審査に通過した方がほとんどです。

 

\審査時間はスマホで最短30分!/

 

※正社員に限らず、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトの方でも、安定した継続収入があれば審査により融資の都合が可能です。

 

 

1つでもチェックが付かなかった場合

チェックの結果の判断

 

「1」の場合
申し込みできません。

 

「2」の場合
「プロミスの3秒診断」の結果を見て審査に進んで下さい。

 

「3」の場合
→「A」の場合と同様、診断結果を見てプロミスの審査へ進んで下さい。

 

「4」の場合
プロミスの審査には通らない可能性があります。

プロミスコールで相談するか、できる限り小額で審査してみて下さい。

 

「5」の場合
→希望額を見直して審査を進めて下さい。

 

▽プロミスの3秒診断はこちら▽

 

※プロミス公式サイト内に、
「お借入シュミレーション 3項目入力で簡単3秒診断」の審査ボタンがあります。
「生年月日」「年収」「現在の他社借入額」の情報が必要です。

 

 

プロミスの審査時間はどのくらいかかる?

 

プロミスの審査時間を計る

 

プロミスを含め、キャッシングで一番気になり重視するのが「審査」ですよね。
では、プロミスの審査時間はどのくらいかかるでしょうか?

 

答えは「最短30分回答」です。

 

とは言っても、
プロミスは平日土日祝日とわず9〜21時までが審査時間です。

 

余裕をもって申し込みを行う方向がベストですね。

 

※申し込みの時間帯や審査の進行度合い、混み具合によって要望に沿えない実例もあります。

 

 

審査に必要な書類は?

 

運転免許証

 

プロミスの審査にいる必要書類は、
「運転免許証のみ」(借り入れ希望額50万円以下の場合)

 

しかもWeb申し込み&審査なら、
スマホや携帯で写真を撮って指定先に送り、提出するだけで簡単!
本人確認書類や証明書をわざわざコンビニへコピーをとりに行く手間も用意もありません。

 

 

借り入れ金額の補足説明

 

プロミスでは、借り入れ希望額が50万円を超える場合に、通常必要な審査書類の本人確認資料に加えて収入証明(源泉徴収票や確定申告書、給与明細など)が必要です。
大切な情報書類ですので準備しておきましょう。

 

※平成28年10月1日より犯罪収益移転防止法が改正され、健康保険証(社会保険、国民健康保険)等、顔写真がない本人確認書類はインターネットからの申し込みで使用不可。

 

 

プロミスでスムーズに借りるコツ!簡単な工夫で時間短縮!

 

プロミスの審査のコツ

 

【スムーズな審査のコツ@】

 

プロミスの最短3分「カンタン入力申し込み」で申し込みだけ完了させておく

 

理由

「時間が無い!でも急いで借りたい!」場合、一部の申し込み情報だけ記録し、プロミスに送っておくと審査開始がスムーズです。

 

※時間がある折は全ての情報を送る「フル入力申し込み」もおすすめ。

 

※各申し込み方法の詳細はこちら
>>「カンタン入力申し込み」「フル入力申し込み」どっちにする?

 

 

【スムーズな審査のコツA】

 

プロミスの審査可能時間外でも申し込みだけ完了させておく

 

理由

プロミスの審査可能時間は9〜21時です。
もし今が早朝や深夜でも、24時間可能な申し込みだけ先に済ませます。

 

審査は原則申し込み順です。
申し込みさえ完了しておけば、審査可能時間からスムーズに進みます。

 

 

プロミスの審査に明確な基準はあるの?

 

プロミスの審査基準をメモ

 

〜プロミスの申し込み基準は?〜
「年齢20歳以上69歳以下のご本人に安定した収入のある方、当社基準を満たす方

※雇用形態が正社員ではなく契約社員や派遣社員、続いて、主婦・学生の方でもパート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申し込み可能です」

 

プロミスの公式サイトに記載の申し込み基準は、上記の通りになっています。

 

ですので、
安定収入のない方、もちろん無職の方は借り入れ困難です。

 

保証人を付ける事を申し出ても無職では本人の返済能力のデータが見込めないので、諦めるしかありません。

 

 

 

※育児や産休などの休職の場合は、その期間の給与の支払いがどうなるのか?それはいくらなのか?
最長でどのくらい継続するのか?復職後の給料はどうか?
きちんと把握して報告する事が必須です。

 

 

安定収入がなかったらどうするの?

 

毎月の収入が不安定

 

安定収入のない方(働かない月がある等)でも、今後頑張ってシフトを増やし連続して2ヶ月以上働き、実入りの収入のバランスを安定させます。

 

数ヶ月分の月収の給与明細がある状態で、プロミスの審査に一度挑戦してみて下さい。

 

 

無職の場合はどうするの?

 

無職で収入なし

 

今現在は無職の方でも、今後正社員やアルバイト問わず、何かの仕事に付き目安2ヶ月以上働くと、審査により、プロミスでキャッシングできる可能性がでてきます。

 

仕事につき丸1ヶ月間の給与明細があっても、1ヶ月では調和がとれず安定といい難いです。

 

※内容により相談は可能かと思います。

 

もし急いでいる場合は、一度プロミスへ申し込みして審査を受けてみる対応策も1つの方法です。

 

 

プロミスの審査はどこまで考えて望めばいい?

 

プロミスの審査に万全を期す

 

キャッシング・カードローンの審査で考慮する点は主に下記の通りです。

 

  • 年収
  • 勤務先や職場の規模
  • 勤続年数
  • 年齢
  • 家族構成(扶養の有無を含む)
  • 持ち家か賃貸か
  • 他のカードローン等から借り入れの有無
  • 現在又は過去に延滞履歴の有無など

 

 

これらに一定の基準はあると思いますが、
プロミスに直接聞いても細かい審査基準の情報までは教えてくれません。

 

なので、結論を言うと、

 

「あまり深く考えずポイントをおさえるだけでいい。」

 

プロミスの審査はこれで基礎の対策が充分です。

 

プロミスの審査は深く考えない

 

\審査は最短30分回答!/

 

 

プロミスの審査で抑えるべき「4つ」のポイントとは?

 

プロミスで4つの審査ポイントが重要

 

では、審査のポイントはどのような点でしょうか?

 

審査前に抑えてほしい項目は、下記の「4つ」です。

 

 

  1. 年収
  2. 勤続年数
  3. 他者の借り入れがあるかどうか
  4. 現在又は過去に延滞履歴があるかどうか

 

 

これら4つが、プロミスの審査では大変重要なポイントになります。

 

それでは、各ポイントのどの部分に注目して審査にのぞめば良いか1つずつ解説します。

 

 

審査のポイント@「年収」

 

年収を聞く男性

 

年収が○○万円以上ないと申し込みや審査ができないなどの明確な基準はありません。

 

ただ、正社員でも職種により歩合給、アルバイトやパートで毎月の給与が変動し釣り合いがとれず安定しない場合、その点は審査で考慮されるでしょう。

 

もちろん年収は高い方が有利です。

 

借り入れ希望額30万円を返済する能力を審査する場合、

 

 

  • 年収400万円の正社員
  • 年収180万円のパートの方

 

 

どちらが審査に有利かは言うまでもありません。

 

 

総量規制も頭に入れておく

年収には、もう1つ別の視点があります。
借り入れ希望額が総量規制の範囲内が重要になります。

 

総量規制とは、借入額の合計が年収の1/3までに制限されるものです。
※住宅ローンや自動車ローンなどは総量規制の対象外

 

他のキャッシングサービスに利用の借り入れがある場合には、その借入金額もプラスして考えます。

 

プロミスで申し込みする借り入れ希望額があなたの年収の1/3未満かを査収して審査を進めましょう。

 

※総量規制はプロミスだけの規制でなく、他のキャッシングサービスで審査する場合も同様です。

 

[参考]総量規制とは | 貸金業法について

 

 

審査のポイントA「勤続年数」

 

勤続年数が長い男性

 

プロミスに「安定した収入のある方」と定義があるので、勤続年数は長いと審査に有利です。
1つの勤務先に長く定着する実態は安定面の評価は高いです。

 

少し余談ですが、例えば住宅ローンの申し込みでは基本的に3年を目安にすると銀行の融資担当者から見聞できました。

 

キャッシング・カードローンは、住宅ローンほど金額は借りない少額融資ですので、目安1年以上で良いと考えてます。(※私個人の見解です。)

 

プロミスでは勤続年数1年未満でも申し込みや審査は可能ですし、実際に融資を受けられた友達や知り合いもいます。
ただ、幾分シビアには審査されるでしょうし、申し込みした借り入れ希望額からは減額される可能性も考えておくべきです。

 

 

審査のポイントB「他社の借り入れがあるかどうか」

 

プロミス以外に他社の借り入れ

 

≪この点は大変重要視して審査されます≫

 

プロミス以外に他社の借り入れがあるかの情報は、前述した総量規制に抵触がないかを判断するだけではありません。
3社4社など複数から借りていないか、いわゆる「キャッシング癖」がないかも審査します。

 

3社4社も借りている方の毎月の返済額を考えると…

 

う〜ん、ぞっとします(汗)

 

少額なら問題は少ないですが、多額になるとプロミスが重ねて融資するのは難しいかもしれません。

 

実際にプロミスで審査が問題なく進んでも、あなた自身が無理なく返済できるか、今一度客観的に考えた上でキャッシングを進めましょう。

 

 

審査のポイントC「現在又は過去に延滞履歴があるかどうか」

 

プロミス以外で延滞履歴

 

キャッシング・カードローンの他、貸し付け金の種類はほぼ全てにおいて、
現在又は過去に延滞履歴の情報があると審査落ちする可能性が高くなります。
1度や2度の滞納なら問題は少ないといえますが、長期延滞の場合、審査はほぼ通らないと考えた方がいいです。

 

補足ですが、延滞履歴等は個人信用情報機関(CIC等)を取り扱う専門機関に登録されます。

 

※個人信用情報は自らが指定の機関に請求できます。
個人信用情報の開示は、専門機関へ問い合わせの上、本人確認を経て、郵送などで請求が可能です。

 

[参考]情報開示とは | 指定信用情報機関のCIC

 

 

話を戻しますと、新たに融資をする貸し手側が申し込み者同意の上で、審査時に個人信用情報を開示できます。

 

延滞や滞納期間が長期に渡っていたり、任意整理、自己破産経験がある等のブラックな情報はこの打診でわかります。

 

※これは別の話ですが、もし長期の延滞理由が不当な利息による返済困難の場合は「過払い金請求」を申し立てるケースがあります。

 

債務整理を取り扱う法律事務所等で専門家(弁護士等)に相談し、期日をチェックして行動を起こして下さい。
無駄な支出が返還される見込みも高いです。

 

※キャッシングの他、ほぼ全てのローンを借りた際に専門機関に個人信用情報が登録されます。

 

ほぼ全てのローン審査の際、個人信用情報の開示を行ない、審査が開始します。
申し込み者である消費者の支払い能力・返済能力を精査する重要な情報になります。

 

 

 

「ローンの審査に落ちた…」
「クレジットカードが作れなかった…」

 

 

 

などの場合は、個人信用情報に何かマイナスな情報が登録されていないか疑ってみましょう。

 

 

\審査はスマホで最短30分!/

 

 

 

↓女性はこちら↓

 

 

在籍確認をどう乗り越える?

 

在籍確認の概要

 

プロミスの審査では在籍確認があります。
といっても、どこのキャッシングサービスの審査でも在籍確認は今や必須。

 

プロミスでは、担当者が必ず個人名で電話します。
プロミスとは一切名のらず安心です。

 

心配な方は、

 

「クレジットカード作ったんで在籍確認の電話があるかも。」

 

と、事務のスタッフさんに話しておけば不信な感じもありません。
(私はこのやり方でクリアしました。)

 

在籍確認の電話がかかる時間や方法などを事前にヒアリングしたい方、要望したい方は、「カンタン入力申し込み」を選んで下さい。

 

あなたへ審査の確認電話がありますので、その時に色々相談できます。

 

女性の場合はレディースキャッシングを選んでおくと、この時も女性オペレーターが対応なので安心です。

 

即日融資希望なのに会社が休みの場合

あなたの職場が土日休みで在籍確認ができない時どうすればいいか?

 

まず、
「カンタン入力申し込み」を選択します。

 

審査項目の電話連絡の時、

 

「土日は勤務先が休みで在籍確認が難しい」

 

と、相談の上、他の方法で処理してもらいましょう。

 

この件でプロミスコールに確認すると、
「電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申し込み完了後すぐにご相談ください。」と対応可能な回答がありました。

 

 

プロミスの審査に保証人はいるの?

 

プロミスは保証人無し

 

プロミスの審査時間は最短30分回答と早いのに、保証人が必要なら、申し込みや審査になかなか進めず見送り、断念した経験ありませんか?

 

直近で審査を考えている人は特にです。

 

プロミスでは「保証人や担保は必要なし」です。

 

「借金をする=保証人」
こんなイメージがある一方で、その点安心です。

 

プロミスがスピーディーな融資なのは、私たち消費者への、細かな配慮の積み重ねもあるんですね。

 

保証人なしで借りれるけど…

 

プロミスでは保証人や担保は取らない代わりに、申し込み人であるあなた自身の稼ぎや勤務先等(総称して属性という)のステータスを重点的に審査します。

 

プロミスから見たあなた自身の「返済能力」「信用力」=審査結果、通過につながります。

 

もし初めての申し込みで借りれるか不安な場合は、金額を少し抑えて申し込みをするなど、工夫して審査にのぞんでみましょう。

 

 

プロミスの「3秒診断」で融資可能か事前確認!

 

審査はプロミスの3秒診断から

 

プロミスの公式サイトでは、
審査の前に「3秒診断」を無料で試せます。

 

入力する項目は下記の3点のみ。

 

  1. 生年月日
  2. 年収
  3. 現在の他社借入額

 

 

問題なければ、
「ご融資可能と思われます」と表示されます。

 

 

3秒診断で審査される点は?

借入希望額の入力欄が無いので、プロミスの3秒診断で事前審査される点は、

 

 

「生年月日」
→対象年齢の範囲内か確認
「年収」
→借り入れ審査の軸になります。
「現在の他社借入れ額」
→現時点の他社借入額が年収に照らして無理がないか、他社借入額が総量規制の上限に充分余裕があるか

 

 

主にこれらの審査情報の確認かと思います。
プロミスの審査前にぜひ一度やってみましょう!

 

▽プロミスの3秒診断はこちら▽

 

 

プロミスの特徴やメリット・他社比較が「5分」でわかる!

 

プロミスの情報サイトお礼

 

プロミスの審査情報を知りたいけど時間のない方は必見。

 

ここからの記事を読むと、
プロミスのメリットや他社比較について「5分」でわかります。

 

プロミスの審査を検討中のあなた様にとって、メリットある情報が見つかれば幸いです!

 

 

〜こんな悩みを抱えていませんか?〜
お金とキャッシングの悩み

 

 

  • 忙しくて申し込みや審査に時間がとれない
  • 土日でキャッシングできたらいいのに…と考えている
  • 審査が不安でなかなか一歩踏み出せない
  • サラ金や金貸しといわれる会社で借りるのは避けたい
  • 審査時間が長くかかり支払いに間に合わなかったら… と悩んでいる
  • クレジットカードの枠が少なくて「彼女にプレゼントが買えない…」と悩んでいる
  • 初めてのキャッシングをどこにしようか迷っている
  • 事業資金を少し補填したい
  • 人目を気にして、友人・知人・同僚に会わない営業時間帯を調べている
  • クレジットカード&リボの支払いが明日で焦っている

 

 

プロミスは安心

 

そんな悩みは今日いっぱいで終わりです。

 

プロミスでは下記の特徴を理由に審査を進める人が多いです。

 

  • パソコン(PC)やスマホ、タブレットで
  • 平日土日とわず
  • 24時間いつでもどこでも簡易に申し込みができ
  • 最短30分回答の審査を経て
  • 来店不要でオンラインから
  • 最短1時間のスピード融資が可能

 

 

もちろん実際に期待した望みの現金を手にするまでが、プロミスでは最短1時間です!

 

 

土日祝に即日キャッシングも可能

プロミスの審査を土日に検討

 

本サイトで紹介している申し込み方法で進めれば、土日祝日でも即日でキャッシングしたお金を手にすることも可能です。

 

>>プロミスで土日に即日融資を可能にする方法

 

※平日14時以降でも同様の方法で最短即日融資ができます。
※プロミスへの申し込みの時間帯、審査時間及び進み具合によって、当日中の融資ができないケースもあります。

 

 

パソコンやスマホで来店不要のWeb完結も可能

プロミスのWeb完結

 

プロミスはWeb完結も可能。

 

提携ATMへ来店不要で、自宅にいながらネットで申し込みや審査、Web契約、振り込みキャッシングの手続きができるのがプロミスです。

 

もちろん、プロミスの公式サイトから今すぐ申し込み&審査を進める方式もできます。

 

プロミスのWeb完結ならカードレスで郵送物がないので、家族バレや親バレを気にする方にもおすすめです!

 

※対象金融機関は200行以上あります。

 

 

各キャッシングの審査通過率&申し込み件数の比較

プロミスを含め各キャッシングサービスでは、公式ホームページ上で定期的に月次データを公開しています。

 

サービス名 審査通過率 申し込み数(月) 年月
プロミス 43.9% 41,417 2017.4
アコム 47.6% 40,598 2017.4
アイフル 43.5% 37,977 2017.3
モビット 非公開

 

審査通過率ではアコムを少し下回るものの、
プロミスは申し込み件数が「堂々1位」

 

上記表のパーセンテージには、あきらかに審査に通過しない多重債務者やブラックの方も含まれるはずです。
審査通過率はもう少し高く見積もっていいと思います。

 

[参考]

 

審査時間比較

 

審査時間の比較表

 

プロミスの他、各サービスの審査回答時間は足並みを揃えています。
どこを選んでも大差はありません。

 

 

金利(実質年率)比較

 

金利比較表

 

各キャッシングサービスの金利(実質年率)は、100万円までの借り入れ金額の場合「上限金利」が適用されます。

 

100万円以上借りれば金利は下がりますが、現実的ではないと思います。
金利は利息制限法の考え方から各サービス足並みをそろえています。

 

比較する要点は、
「上限金利」を確認するのがポイントです。

 

表を見ると、
プロミスの金利だけが低い内容がわかります。

 

[参考]利息の制限等 | 利息制限法より

 

 

初めての方は30日間無利息サービス必見!

 

無利息期間の各サービス比較

 

初めてのキャッシングなら、
「30日間無利息サービス」のあるプロミスが大変お得です。

 

また、各サービスと比較すると、
無利息サービスについてもプロミスだけが有利な条件になっています。

 

キャッシング利用者の中には、

 

  • 「週末に備えて」
  • 「長期休暇に備えて」
  • 「いざという時に備えて」

 

など、事前準備の目的で先に契約を済ませる方も沢山います。

 

そんな利用者の方への条件が、
「契約日の翌日から30日」だと困ります…。

 

 

無利息期間の残りなし

 

いざ活用する時に、

 

  • 「気付いたら無利息日数が残り少ない」
  • 「全く無い」

 

 

など、大きく損をする可能性が大です。

 

プロミスなら無利息期間の始まりが、「初回利用日の翌日から30日」です。
実際に役立てる日まで無利息期間がはじまる心配や懸念なく安心です。

 

※プロミスの「30日間無利息サービス」の使用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要ですので、情報の確認漏れなく進めましょう。

 

 

審査は重要なポイントだけ抑える

審査のポイントを絞る

 

プロミスの審査では、借入希望額におけるあなたの「返済能力」「信頼性」を確認し、総合的に判断します。

 

重要なポイントを抑えれば、審査に不安になる必要はありません。

 

>>プロミスの審査で重要な「4つ」のポイントとは?

 

 

プロミスのキャッシングで本当に助かった体験談!

プロミスのほっとする体験談

 

  • 好きな女の子にプレゼントできて結果付き合えた
  • 給料日まで数日あったが、何とか乗り切る方策ができた
  • 旅行先でお金を落としたが、スマホから即日借りる対処ができ、残りの旅行を楽しむことができた
  • 帰郷時、祖母が米寿だと知り、祝い品を買う事ができ喜んでもらえた
  • 明日がクレジットの支払いと気づき、絶対ダメかと思ったが最短1時間融資で間に合った
  • 子供が急な入院でクレジット支払いは不可、キャッシングのおかげで支払いでき、後日治った子供の笑顔を見ることができた

 

\審査時間はスマホで最短30分!/

 

↓女性はこちら↓

 

※申し込み時間:24時間いつでも(平日土日祝)
※最短即日審査可能時間:9〜21時(平日土日祝)

 

[補足]
審査時間外でも先に申し込みだけ済ませておくと後がスムーズです。

プロミスの各種営業時間/申し込み可能時間

 

プロミスのWeb申し込みは24時間

 

プロミスの正式な名称は「三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス(PROMISE)」。
人気タレントを起用したユニークなTVコマーシャルも評判ですよね。

 

雑誌などでも頻繁に宣伝されていて各キャッシングサービスの中でも知名度は高いです。

 

最近のプロミスではWebからの申し込みが主流ですが、その他の申し込み方法を選択する筋道も作れます。

 

参考にプロミスの各種営業時間の情報も仕入れておきましょう!

 

ただ、本サイトで紹介している「最短1時間融資」や、審査結果「最短30分回答」は、Web申し込みが前提です。

 

プロミスで早く借りたい場合は、Web申し込みで進めて下さい。

 

● Web申し込み(パソコン、スマートフォンなど)
→24時間365日受付可能

 

● プロミス自動契約機の営業時間
→9:00〜22:00

※一部21時もあります。

 

● 三井住友銀行のローン契約機の営業時間
→9:00〜21:00受付可能

※プロミスと関連した形で、プロミス商品紹介ページで記載がある場合
※契約機により営業時間、休日が異なります。

 

● プロミスATM
→7:00〜24:00

※ATMにより営業時間、休日が異なります。

 

● プロミスコールの営業時間
→9:00〜22:00

 

● プロミス店頭の営業時間
→10:00〜18:00

※東京の新宿や渋谷、関西では大阪をはじめ、北海道、九州、沖縄など、地方とわず日本全国各地に多数の場所に支店や店舗があります。
※店舗により異なります。
※その他郵便による申し込み方法もあります。

 

 

プロミスは私が初めて審査したキャッシング!

 

 

私がはじめてキャッシングの審査を利用したのが、
「プロミス」です。

 

社会人2年目、当時キャッシング初心者だった私。
第三者の意見や色々と情報を調べて、初めてのキャッシングの審査はプロミスでした。

 

ただ、

 

「何の知識も知らない…」
「融資の申し込み方法もわからない…」

 

 

なんの勝手も知らない私は、まずプロミスの店舗や自動契約機の営業時間を気にしました。

 

仕事時間を調整し、来店時間を作ろうと四苦八苦…。
内勤で日々締め切りに追われる仕事。

 

昼休みは20〜30分程しかなく、仕事も残業が当たり前でした。
もちろん申し込み手続きの時間はとれず…。

 

「何とかならないかぁ(泣)」と悩み、勇気を出してプロミスコールへ相談して質問する打つ手に。(フリーコールなので無料です。)

 

そうすると、プロミスの審査方法はWebで可能、しかも契約、融資までできる順序を知りました。

 

今じゃ当たり前ですよね…あぁ当時の知見のない無知な私。
その後は大変スムーズに融資を進める成り行きになりました。

 

 

プロミス審査のトリセツまとめ

 

プロミスの早い審査に太鼓判

 

私がプロミスを利用した時も、
Web申し込み〜実際の融資まで本当に1時間ほどで完了!

 

とても早くプロミスには満足できました。

 

プロミスで申し込み&審査をした人のほとんどが、

 

「こんなに簡単でいいの?」

 

と、驚きで嬉しい感想。

 

また、プロミスの利用が初めてなら、
「30日間無利息サービス」も使えて大変お得で文句無しです。

 

プロミスは、大手キャッシングサービスの安心感と、融資の満足感が高くて評判です。
どこで借りようか困っている人にはプロミスをついつい紹介したくなります。

 

いつでもどこでもお得に借りれて、24時間いつでもどこでも申し込みできる、最短1時間融資のプロミスが大変おすすめです!

 

プロミスの融資の決め手

 

\審査時間はスマホで最短30分!/

 

 

 

↓女性はこちら↓

 

※申し込み時間:24時間いつでも(平日土日祝)
※最短即日審査可能時間:9〜21時(平日土日祝)

 

[補足]
審査時間外でも先に申し込みだけ済ませておくと後がスムーズ!

 

プロミスはイメージアップで効果的なテレビCMも話題ですね。
知らない人も多いですが、Web限定のアニメPR動画があります。→ プロミスのアニメ動画はこちら

 

 


▲TOP