プロミスのATMの提携情報はこちら

【情報更新日】 2017年3月21日

プロミスのATMは全国に10万台以上も!

プロミスの助かるATMの数

 

プロミスの提携ATMの数はキャッシングサービス業界の中でもトップを争う多さになっています。

 

その数はなんと全国に10万台以上(平成28年4月時点)。

ゆうちょ銀行と提携した為、一気にその数は跳ね上がりました。

 

日頃から振り込みキャッシングを使う方は、提携ATMを頻繁に使うことも少ないかもしれませn。

 

ですが、「あっ!?」と思い出した時に気軽に寄れる、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニの提携ATMには助けられることもあるのではないでしょうか。

 

プロミスに限らず振り込みキャッシングという方法は、借り入れをする場合に自分の口座に入金がされる為、どこか引き出しするATMや銀行を探さなければいけません。

 

プロミスの会員サイトで事前にネットで手続きを済ませておく振り込みキャッシングは大変便利ですが、ふと思い立った時の融資には、提携ATMの方がネットでの作業が必要ない分スピーディーです。

 

あと、ネットでの手続きが慣れていない方は、提携ATMを重宝しますね

 

ちなみに、この話はプロミスで契約してカードが手元に届いた後、契約枠内で必要な時必要な金額をキャッシングする場合のことです。

 

プロミスの提携ATMの情報はこちら!

プロミスはATMが多くて便利

 

 

プロミスの提携ATMの詳細情報を下記に掲載しておりますので、参考に確認してみて下さい。どこに行っても提携ATMがある、そんな印象があります。

 

三井住友銀行ATM

借入時、返済時共に手数料0円。

 

自宅や勤務先に近ければ嬉しいですね。

各市内中心部にある印象があります。

 

セブン銀行ATM

セブンイレブンを始め、ショッピングモールや至る所の施設に併設されている印象があります。

 

困った時にいつでもどこにいてもキャッシングできそうですね。

 

ゆうちょ銀行ATM

借入&返済にゆうちょ銀行を使う場合は、ペーパーレスのWeb明細の登録利用が必要になりますので、忘れず登録しておきましょう。

 

>プロミスがゆうちょ銀行と提携して私たちにメリットは?

 

ローソンATM

セブンイレブン同様、ローソンの店舗内に併設されたATMです。

セブン銀行とは違い、ローソン店舗内にしか無いイメージがあります。

 

コンビニATMのE-NET

ファミリーマートを始め、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキなどの他、一般的にマイナーなコンビニにも設置されていることが多いですね。

 

また、コンビニだけでなく、スーパーのライフや万代、イズミヤ、バローなど。ショピングセンターではドン・キホーテやコストコなど。

 

さらには、一部の病院やハウステンボスなどのレジャー施設にも併設されているATMです。

「コンビニが見つからない!」って時にも頼れるATMです。

 

主な提携先は以上ですが、三菱東京UFJ銀行やイオン銀行 、東京スター銀行などのATMでもキャッシングと返済が可能になっています。

 

※三井住友銀行以外のATMで借入&返済する場合は、1万円以下なら100円(税別)、1万円を超えると200円(税別)の手数料を要します。

 

プロミスに限らずキャッシングの提携ATMって便利?

 

提携ATMのイラスト

 

プロミスは全国に沢山の提携ATMがあっていつでも利用しやすいことを紹介させていただきました。

 

では、実際にキャッシング経験者の方は提携ATMのことをどう評価しているのでしょう?

提携ATMの便利さなどについて、皆さんの声を聞いてみました。

 

※プロミスに限らず、キャッシングの提携ATMの一般的な評判をヒアリングしてます。

 

出先での急な出費にも対応できる

お金って、いつどこで急に必要になるか分からないものだと思っています。

そんな時に、出先ですぐにキャッシングできる提携ATMがあると助かります。

 

とくに最近ではコンビニにATMが設置されているところが多いので、それがキャッシング提携されているとすごく助かるのではないか?と思います。

 

キャッシング単独のATMよりも、提携ATMの方が、キャッシング専用の単独のものより、他の人の目を気にすることなく利用できるメリットもあると思います。

やはり他の人の目も気になることを考えると、他の金融機関との提携があると、そんな意味でも助かります。

 

ATMの数の意味でも、他の人の目を気にしないという意味でも、他の金融機関との提携ATMはあった方が断然 利用しやすいと思います。

 

提携ATMの手数料とはうまく付き合う必要あり

キャッシングに対応する提携ATMは非常に多くなり、便利なことは確かに感じます。

ただし、便利なだけであり、お得かというと問題があり、手数料が借り入れや返済にまで掛かるといった面では少し負担に感じます。

例えば、飲み会が終わり二次会の手持ち予算が無いといった場合などには便利と考えますが、冷静に考えれば手数料の負担は余分になります。

 

ですので、普段時間に余裕がある時にキャッシングを利用する場合は、ネットの振り込みキャッシングにしたり、プロミスであれば手数料0の三井住友銀行ATMを利用して工夫することがいいです。

ただ、急に現金が必要になった時には、ついつい便利で使ってしまうんですけどね。

 

ATMが少ない場所だと提携先は多いほうが便利

キャッシングをするならば、提携ATMが多いに越したことはありません。なぜなら、事前に余裕を持って借り入れが出来るとは限らないからです。

出かけたさきで急きょキャッシングしたい、ということも稀にあります。そんなとき、提携していないからキャッシングができなかったりすると、非常に不便に感じてしまいます。

そう考えると、提携しているATMは、多ければ多いほど便利です。

 

都市部でキャッシングしたい場合は、コンビニや銀行などATMは多数あることから、それほど困ることはないかもしれません。

しかし地方の小さな町などで利用したい場合、ATM自体が少ないので、提携先が少ないと不便に感じることと思います。

そういった理由から、やはり、提携ATMは、多ければ多いほどよいのではないかと感じています。

 

プロミスの審査で知っておきたい情報や、申し込み方法のコツなどを確認したい方は、トップページへどうぞ!知って得するプロミスの審査情報など満載で運営しています。

 

プロミスの審査は申し込みから準備

プロミスATMのコラム

プロミスのATM情報はたくさんあって紹介しがいがあります。

 

あなたの自宅のまわりでもプロミスのATMをよく見かけませんか?

コンビニも含めると本当に多いです。

 

さて、参考のコラムです。

 

あと数日で給料日なのに急な出費が必要に!

そんな時に便利なのがプロミスのキャッシングカードローンです。

 

消費者金融といえば昔からのイメージで不安を持たれがちです。

ただ、最近はその安全性は一般にも知られてきています。

 

操作はインターネットでもATM(自動契約機)で簡単に申込むことができます。

 

インターネットでは当サイトからも進める公式サイトから、入力するだけ。

プロミスATM(自動契約機)なら、借入れボタンを押し、操作案内に従って質問に答えていきます。

 

手順通りに行うだけなので、はじめてでも誰でもその場で完了でき、すぐに取引は完了します。

※プロミスの審査は最短30分回答です。

 

審査時間はATM(自動契約機)で待つことになるので、人目が気になる方はやはりインターネット申し込みがおすすめです。

自宅や勤務先のスキマ時間で、Web完結も可能です。

 

プロミスはCMなどでも話題のキャッシング、ネットやATMで簡単に融資を受けることができるので便利です。

女性専用のレディースキャッシングも評判で人気です。

 

サイトマップ

▲TOP