キャッシングの注意点を多方面から理解

【情報更新日】 2017年3月21日

キャッシングでお金を借りる注意点って?

キャッシングの注意点のまとめ

 

キャッシングを利用する時、どんな部分が注意点になるのか?

まずは誰もが守ってほしい代表的な注意点として、

 

大手のキャッシングサービスを選択する

 

これが基本になると考えましょう。

 

名前が知られていないキャッシングサービスは信頼や安心感が事前に見えないのと、借りてからの会員サービスの質に欠ける場合も多々あるかと思います。

現在は「利息制限法」ができて、不当な請求は認められなくなりましたが、正直何があるかはわかりません。

キャッシングの注意点は、「安心」につながるかどうかが考える基準です。

 

代わって、大手キャッシングサービスのほとんどは「バックに大手金融機関がついている」はずです。

このチェックも注意点として把握するとおすすめ!

 

プロミスやアコムなどのように三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行がバックにいると安心できますよね。

またその名前だけで「不当な事はしない」と判断できるのではないでしょうか。

 

また、特に初めての方は、検討しているキャッシングサービスに、

 

  • 「無利息期間はあるのか?」
  • 「その無利息期間の起算日はどの時点からか?契約時点?利用開始時点?」
  • 「会員サービスは充実しているか?」

 

など、金利以外にあなたがお得に利用できるサービスをリサーチすることも注意点の1つとして大切です。

キャッシングの注意点をみんなで考える

キャッシングは注意点の理解が第一歩

 

キャッシングは、借りることの意識が前面にでて、事前に考えておきたい注意点がおろそかになります。

キャッシングは借りるだけでなく、返済がメインになり、借りることの注意点よりも、返済することについての注意点の方も見逃せません。

 

キャッシング経験者の方に意見を聞いています。

共感できる考え方や注意点があれば、活かしてみてください。

 

早めに返済&返済方法を確認しておく事

返済できるような経済状態(給料が入った、臨時収入で金銭的に余裕が出た)なった時に、少額でも出来るだけ小まめに返済していくことを心がけないと、利息がどんどん膨らんでいきます。

 

「まとまったお金が入ったら全額まとめて返そう」と思っていると、その間の借りている全額に対して利息を負担しなければいけなくなります。

 

「お金を借りている、返済するまで利息が膨らんでいっている」という意識を常に持って、少しでも返せる時に返せる額を返済していくように注意しないといけないです。

 

キャッシングする時は、とりあえずお金が必要という事で、簡単に借りられる会社を選ぼうとしてしまいがちです。

ただ、やはり借金ですので返済する時の事を考えて、キャッシングする会社を選ぶ必要があると思います。

 

返済できる金額を計画的に借りる

「生活費が足りなくなった」

「急にお金が必要になった」

と、予定外の出費が多くどうしてもお金が必要になるときもあるでしょう。

そんな時に便利なキャッシングですが、もし利用するならば、まず本当にキャッシング頼るお金かどうかを改めて考える必要があります。

そして必要となったなら返済できる金額かどうかが重要です。

自分やパートナーの収入を考えて返済日までにきちんと返せるかどうか、来月の支出も計算しながら計画的にキャッシングをしなければなりません。

そもそもキャッシングしないようにお金を使うことが大前提ですが、返済できないような金額を借りないように注意することがとても大事です。

返済できないからまた借りるという悪循環にならないようにしたいものです。キャッシングをする際には自分一人で決めずに家族や親しい友人など誰かに相談することも必要です。

 

むやみに借りず使う分だけ借りる

人間とは際限なく富を求める生き物だと思います。

もちろんそんな人ばかりではありませんが、生きていくには必要最低限のお金が必要ですからね。

 

キャッシング制度ができてから、借りてるお金すら自分のお金と勘違いする文化が始まってしまった気がします。

実際私もそうです。

 

最初は目的があってお金を借りましたが、『利用制限までまだ余裕がある』ことがわかった瞬間、何かタガが外れたようにキャッシングローンを組みまくり、結果自己破産の道に堕ちました。

 

キャッシングをしたら必ず返さなければならないことを忘れてはいけません。

 

最初の目的以外のことに借金を増やしたら最後だと思います。

生活をするのに借金を増やす行為は、すなわち自分の身を滅ぼすことに繋がっていくということを私は思い知りました。

 

そのお金本当に必要ですか?

キャッシングは今の時代、ほとんどの人が利用したことがあると言っても過言ではありません。

いろいろなキャッシングがありますが、1番早いものだと即日審査即日融資が出来るものもあります。

ですから、キャッシングを利用することは本当に簡単です。

 

だからこそ、キャッシングに関する注意点を確認しておかなければいけません。

まず、そのキャッシングで何をしようとしているのか?

 

つまり目的を確認するべきです。ただの衝動買い、ギャンブルのためのキャッシングならばやめたほうが賢明です。

その目的は今キャッシングしなければならないものなのかを考える必要があります。

当たり前ですがキャッシングすれば当然金利を考えて返済しないといつまでたっても借金は終わりません。しっかりと計画性を持ってキャッシングを利用しないと後で返済出来なくなるかもしれません。

 

在籍確認は社名を名乗る場合があり注意

キャッシングと言っても大手銀行や地方銀行、消費者金融、信販会社などがありますが、どの機関もキャッシングを申込みすると勤務先や自宅へ在籍確認が行われます。

 

そこで問題なのは在籍確認時に社名を堂々と名乗る業者があります。

消費者金融系はほとんどは個人名で在籍確認を取りますが、銀行系はほとんど銀行名を名乗って在籍確認します。

このような場合は申込み時に個人名で在籍確認して欲しいことを伝えれば個人名で在籍確認してくれますのでぜひお願いした方がいいです。

 

私の場合は自宅や会社に、こちらは〇〇銀行の融資係からなんですけどとはっきり名乗られたのでかなり困りました。

あとは郵便で書類を受け取る場合も差出人を個人名にしてきくれますので必要なら個人名にした方がいいです。

 

キャッシングした現金を封筒に入れて外に出ない

キャッシングを済ませると大抵の人は現金が手に入った安堵感からか無防備に外に出てしまいがちです。

キャッシングコーナーから出てきたというだけでも狙われやすいのに、現金を手に持っていたら犯罪者の格好の的です。私が窃盗犯なら財布に入れる瞬間に奪うでしょう。

しかしそれよりも危険な持ち方があります。

それは、「封筒に入れて外に出る事」です。

 

キャッシングコーナーから出てきた人の殆どは現金を手にしています。

封筒に入れても誰がどう見ても中身は現金そのものだと想像が付きます。

 

しかも、封筒という滑りやすい状態で手に持っていたら、恐らくしっかり持つ事も出来ないでしょうし奪われそうになったとしても対処出来ません。

キャッシングコーナーから出る時は、現金を財布に入れるなり封筒に入れて鞄に仕舞うなりしてから外に出ましょう。

 

キャッシング手数料の注意点

キャッシングを利用するときの注意点ですが、キャッシングを利用される方法としてATMや銀行振り込みによって融資を受けることができます。

これらの方法でキャッシングを利用される際にはATMの場合でしたらATMを利用するごとに手数料がかかってしまいます。

 

金融会社によっては、かからない場合もありますが借入時も返済時にも手数料がかかってしまうことが多いです。

 

契約している金融会社と提携して手数料が無料のATMを利用されるなどちまちま借りるのではなく、一気にキャッシングを利用するといった方法も手数料を抑えるためには有効な手段です。

 

銀行振り込みも同様に振込手数料がかかる上に、当日のキャッシングを利用される場合は、当日の14時までに申し込みをしておかなければ翌日に振り込まれるので注意しなければなりいません。

 

トップページでは「プロミス」をおすすめして紹介しています。今、どこのキャッシングサービスも融資や審査の早さで肩を並べる中、無利息期間の条件については「プロミス」が有利です。ほとんどの無利息期間起算日が「契約から」となっているところ、プロミスだけは「初回利用日から」となっています。契約後カードだけ先に作っておいて、すぐにまとまった枠を使わないという方には最適です。

 

プロミスの審査情報や申し込みの方法についても詳しく掲載していますので、よければ確認してみて下さい。

 

プロミスの審査を徹底解説

 

サイトマップ

▲TOP