キャッシングの借り方の重要な鉄則

【情報更新日】 2017年3月21日

キャッシングの借り方はこれが基本です!

少額から必要なら徐々に上げるイメージグラフ

 

少額を借りて様子を見ながら、足りない場合は増額を検討する。

 

これが鉄則です。

必要以上に借りてしまうと、上限額に甘えて、そこまで使う方が多いようです。

そして今借りているところで増額申請、仮に通らなければ、他のキャッシングサービスで新規申し込み。

その悪循環に入ることだけは避けたいものです。

 

キャッシングはうまく借りると大変助けになります。

その方法はシンプルですが、

 

少なくはじめて様子を見る。

 

これなんです。

キャッシングで借りた後の生活は、やってみないと分かりません。

キャッシングは借りてからが本番ですから、あなたの返済中にも各月に色々な支払いも重なってくると思います。

 

「今月は払えそうにないかも…」

 

なんてことになると大変です。

何事も余裕を持って行動しましょうとは言いますが、キャッシングに関しては逆です。

本当に必要な金額を少額で申し込みすることを頭に置いておきましょう!

みんなで考えるキャッシングの借り方の鉄則!

キャッシングの借り方について意見を参考に

 

キャッシングの借り方のうまい&下手は、実際に借りる人の状況にもよりますが、「この借り方は守っておきましょう!」といった鉄則はあるはずです。

ここではキャッシング経験者の方に、キャッシングの借り方で守っておくことはどんな事か、聞いてみました。

参考に確認してみて下さい。

 

キャッシングは必要な分を最低限だけ借りる

ずばり、余裕を持って借りすぎない事です。

そもそもキャッシングの利用目的は、手持ちでは足りないからですよね?

大きな出費の為だったり、生活費として少し足りない等、借りる理由は人それぞれだとは思いますが、あといくらぐらいあれば足りるかは大体把握できると思います。

 

「どうせ借りるなら、あともう少し上乗せしておこうかな」と自分に甘くキャッシングしてしまうと、結局大変なのは返済する自分なのです。

キャッシングしたお金を元々の用途に利用して、もし少し余ったら…?その時はそのまま返済に回すのが一番賢い方法だと思います。

 

では、余ったお金を予定外の事に使ってしまったら…?

キャッシングという方法で臨時収入の様な気になってしまいますが、それは返済しないといけないお金です。

本当は無かったはずのお金なんです。

借りるのは一瞬ですが、分割で返済する場合は長い期間がかかります。

 

「どうしてあの時こんなに借りてしまったんだろう」なんて後悔がないように、できる限り少なめに、すぐに返済できる程度にしておくというのが鉄則であると思います。

 

返済する見込みを立ててからキャッシング

「どんな時にキャッシングしようとするか?」、それはもちろんお金に困っているときです。

そんな時借りたいときに借りたい分のお金を借りれるのが1番ですが、返済額が多すぎて返すことが出来ないと意味がありません。

 

「お金を借りたい時はお金に困っている時」、すぐに用意ができる見込みがある時にしか借りないのが鉄則です。

キャッシングは早く返済すればそれだけ利息が少なくて済みます。お金を余分に用意できる見込みがあやふやなのにキャッシングをするのはおすすめできません。

 

でももしそんな状況でも借りなければいけない時は金利が低いキャッシングサービスを選ぶことが2つ目の鉄則です。

貸す側も借りる側も気持ちよく貸し借りできるのが理想のキャッシングです。

 

借りたお金の目的を明確にする

キャッシングは審査がそれほど厳しくなく借りやすいですが、ふとフタを開けてみた時に元金が全然減らない、といった事は少なくないと思います。

ちょっとの金額だからと思って油断していると、長い期間の利息を支払わなくてはならないことになります。

 

自分で自分の首を絞めてしまっては元も子もないので、キャッシングで借りたお金を利用する目的、利用した金額を明確にしていくことが必要だと思います。

借りやすいからこそ何とかなるかと思いがちですが、どう転んでも支払うのは自分です。

他のところから借りて返すなどということを絶対にしないためにも無理のない範囲をしっかり見極めて程よく借りるというのが大切だと思います。

 

私は3つの借り方の鉄則を重視!

私が実際にキャッシングを利用してこれだけは守らないと感じた鉄則ですが、

  • 「何のためにキャッシングを利用するかを明確にする」
  • 「自分の2ヶ月分の給料で返せる範囲でキャッシングを利用する」
  • 「ちまちまとキャッシングを借りない」

これらの3点は私の借り方の鉄則としてありました。

キャッシングに明確な理由なく借りてしまうとズルズルとあまり重要なことでもないのにキャッシングを利用してしまう可能性があるので、何に使うのかを明確にして自分に必要なのかを考えて借りるべきだと思います。

 

次ですが、キャッシングを一度利用してしまうと何度も利用してしまうようになってしまうと私は思っているので、仮にどれだけ借りたとしても自分の中で一括で返せる上限額を決めて借りることが大切であると感じました。

 

最後に前に書かせてもらったことに似ているのですが少額で何度もキャッシングを利用していると積み重なってものすごい金額になってしまいます。

そこで、最初に今後のことも考えた上で、いくら借りるかを考えてその分を一気に借りて一度のキャッシングで済ませた方が良いと私は思います。

 

キャッシング計画的に返済できますか?考えて!

先ず借りる前に、何故借りなくてはならないのか、急を要するものなのか、いくら借りたら良いのか、どの位の期間で返せるのか、落ち着いて考えるべきかと思います。

 

どうしても借りなくてはならないと言う事に結論が出た場合でも、出来る事なら正規の金融機関から正規の手続きを踏んで借りるのがベストの様に思います。

 

何故なら総ての人に当て嵌るとは決して言いませんが、意志が相当強くないと、返済途中で「今月は苦しいから利息分(最低限の金額)だけで良いか」と言う事が、往々にして有りえるからです。

正規の手続きを踏むと言う事は、借りる時点で返済方法が決まるのでそう言う事は先ず起きないので、確り返しきれると思います。

 

その時間も無いと言う場合は、一次的に借りておいて、その後で正規の金融機関から借りて直ぐ返す事をお勧めします。

何れにしても借りる前に、返済予定(計画倒れにならない位の無理無い予定)を確り立てておくべきと思います。

 

借りる際の情報は正確に+返済遅れ厳禁

キャッシングで借りる際の個人情報入力時は、年収や会社情報に間違いがあると厄介です。

私が以前借入申し込みした時に、代表番号と実際の勤務地の電話番号を間違え、在籍確認が出来ないと言われて訂正した事があります。

時間もかかる上に所属会社からも疑われる事になるので、くれぐれも細かい部分の借り方に気を付けて下さい。

申し込み先の会社に対しても印象が悪くなる事も…

 

また、返済時の注意点としてはまず延滞するのは厳禁です。

無茶苦茶怒られるわけではありませんが、やはり信用を無くすので、後々に増枠などが出来ない可能性が高くなってしまいます。

 

自動引き落としに対応している会社や、メールで返済日を連絡してくれるキャッシングサービスもありますが、自分の携帯のスケジュール帳アプリ等に「毎月〇日何時に〇円返済」とくり返しで登録した方が上手い借り方の鉄則といって良いでしょう。

 

返済金額と返済日のルール確認をしっかりと!

キャッシングといってもいろいろなサービスや会社があり、金利はもちろん毎月の返済金額や返済日に対するルールが微妙に異なります。

例えば、同じ金額を複数のサービスで借入していても、毎月の返済金額が違っていたり、返済日が毎月決まった日の会社もあれば、毎月ではなく決められた日数のサイクルで返済を求めてくる会社もあります。

 

このような借入のルールを確認せず、思い込みで行動すると返済日に返済金額をきちんと返済することができないなどの大参事に繋がりかねません。

お金を借りるということは会社との信頼関係が大事になってきます。

信頼関係が崩れると、借入金額の枠や借入期間を変更されるなど契約変更に繋がる可能性もでてきます。

 

そうならないためにも、借入時には必ずルールを確認しておくことが大事です。

 

プロミスはなんと最短で1時間での融資が可能です。契約の方法はWebや来店、プロミスの自動契約機、郵送などの方法があり、ご都合に応じて選択することができます。Webで申し込んだ場合その場で利用限度額の目安ががわかるので、大変便利です。プロミスは審査もストレスなく素早く進めてくれます。

 

プロミスの審査に向けての注意点

 

サイトマップ

▲TOP