申し込みブラックの知識

【情報更新日】 2017年3月21日

プロミスを含めたキャッシングの申し込みブラックとは?

申し込みブラックでも借りる人

 

申し込みブラックとは、プロミスやアコム、レイク、アイフルなど様々なキャッシングサービス先に申し込みを行う、

いわゆる多重申し込みの状態にあることを言います。

 

申し込みブラックの目安として、一気に又は1ヶ月以内に3社以上も申し込みをするとそれに当たります。

申込回数に限度はないので、あなた自身で対応する他ありません。

 

キャッシングやカードローン、クレジット等はもちろん、金融機関に関係するほぼすべての借り入れ申し込みは、その履歴が融資の判断材料として必ず残ります。

 

この履歴は、「個人信用情報機関」に登録がされていて、新たに借り入れ申し込みや審査を受けたサービス側が確認できるのです。

 

なぜ登録がされているのかは、私たち利用者が健全にキャッシングなどを利用できるようにサービス側に働きかけるためです。

申し込みブラックにならない為には?

申し込みブラックを避ける方法

 

申し込みブラックを避ける為のキャッシングへの申し込み方法は、

理想はやはり1社(プロミスだけなど)、多くて2社への申し込みです。

 

収入が足りずどうしてもお金が必要で借りたい場合、不安になり3社も4社も同時に申し込みをする方がいます。

気持ちはわかりますが絶対にやめましょう。

 

最近では大手や中堅のキャッシングサービスを中心にインターネットから簡単に借りれるので、つい沢山申し込みする人が増加しています。

 

前述したようにキャッシングサービスへの申し込み履歴は必ず残りますので、数多く申し込みをしているとそれだけで信用を失います。

 

今までに、年齢や年収、勤務先、勤続年数は問題ないのに、何度申し込みをしても断られてしまう経験のある方は、申し込みブラックの状態にあるかもしれません。

 

その場合は、3〜6ヶ月の期間をあけてから再度1社のみ少額で申し込むように工夫してみましょう。

もし問題なく審査に通過すれば、高い確率で「申し込みブラック」が原因だったとわかります。

 

ちなみに、もし仮に自分が審査に落ちたとして、申し込みブラックが原因かどうかキャッシング窓口に問い合わせをしてもおそらく教えてくれません。

 

個人信用情報は非常にデリケートな個人情報なので、詳細の取り扱いが厳重なのと、窓口の担当者が詳細情報を知らないことがほとんどです。

 

窓口担当者は、申し込みブラックか教えられないのはもちろん、知らないので答えようにも答えられない場合が多いです。

申し込みブラックのまとめ

申し込みブラックに注意

消費者金融の会社やサービスでの借入では、銀行に比べ審査は早いです。
ただ、担保や保証人がいらない分、申し込みブラックなどのデリケートな情報にはシビアにチェックします。

人によっては、過去に自己破産や債務整理、お金のトラブルがあると審査に通ることは無理に等しいです。(おそらく5〜10年はブラックリスト一覧に記載されます。)

プロミスを含め、キャッシングに申し込みをする際は、知らず知らずに申し込みブラックなどの不利な状態を作らないように注意して進めることが大切です。

  • 複数のキャッシングサービスに申し込みし過ぎないこと

  • 携帯電話料金、公共料金、クレジットカードなどローンの類で延滞しないこと


などを徹底することが重要です。

プロミスからの借り入れ申し込みはわざわざプロミスの店舗に行って担当者とあれこれ話すことなく、無人契約機で進めることができます。

ただ、今はそれより便利なWebから申し込みや審査、もちろん契約も画面上で完結することも可能!
身分証明証も画像化して送信するだけでOK!
借り入れ可能ならその場ですぐあなたの口座へ振り込みキャッシングしてくれます。

プロミスは審査が早く最短1時間融資

 

サイトマップ

▲TOP