ブラックに融資できない理由

【情報更新日】 2017年3月21日

現在ブラックでキャッシング融資は…

ブラックでも融資できるか検討

 

キャッシング業界にもブラックという考え方があります。

キャッシングにおけるブラックとは、過去に金融事故を起こしてしまった人のことを意味します。

 

過去に長期延滞や踏み倒し等、大きな返済トラブルを起こしていて、貸付しても完済の見込みが無い人として認識されています。

 

融資についてブラックリストに名前が記載されると、新たにキャッシングやローンの審査を申し込みしても、個人信用情報機関にブラックの記録がある限り、キャッシングの審査では通らない可能性が大です。

 

お金に困って新たにキャッシングしたくても、個人信用情報機関に記録があるうちは、ローンの類は難しいといえます。

 

融資関連でブラックとして登録があると悪影響しかありません。

比較的審査基準が緩和されていて、即日融資できるキャッシングサービスでも、融資不可の可能性は充分にあります。

「ブラックでも融資可能!」な広告には注意!

キャッシング広告に驚く男性

 

「ブラックな人でも、借りれます!」と広告やネットでPRしている金融会社もありますが、そんな業者は営業が成り立っているのかと思いたくもなります。

弱みに付け込むような業者だと、借りた後に大変です。

 

実際のところは、やはり基本は怪しいと思った方が懸命でしょう。

 

融資をするかどうかの判断は各キャッシングサービスの審査基準に委ねられているので、別にブラックだから借金できない決まりはありません。

 

>>>沢山申し込みしてしまった結果ブラックに…

 

ブラックの方には原則融資できない

キャッシングのブラックに名前が入っている人は、昔、貸したお金が返せなかった人という意味になります。

融資をしても、返済ができない顧客とは、金融会社から見れば儲けがないどころか損害要因です。

リスク要因があることを承知の上で融資するというのであれば、そこには何らかのリスクヘッジ策があると考えられます。

法律に抵触するくらいに金利をつり上げたり、脅しまがいのことをして返済を迫るといった金融会社やキャッシングサービスでなければ、ブラックに融資を行ったりはしません。

 

審査可能かプロミスで判断

 

サイトマップ

▲TOP