キャッシングの使いすぎをどう対策する?

キャッシングをつい使いすぎて…回避するための対策や考え方とは?

キャッシングを使いすぎたサラリーマン

 

いざと言う時に心強いキャッシング。
でもその手軽さからキャッシングを使いすぎなことも多いのではないでしょうか。

 

返済のためのキャッシングが重なり、気づけば利息ばかりを支払っている状態にもおちいりかねません。

 

そんなキャッシングの落とし穴の回避策は、
シンプルに使いすぎないこと。

 

いくつかそのポイントを挙げてみましょう。

 

借り癖をつけないこと

 

キャッシングの魅力は「便利さ」。
たしかに、急に現金が必要な時には大変重宝します。

 

しかし、気安く繰り返すと、借りる行為への心理的なハードルが低くなるので注意。

 

いわゆる「慣れ」です。

 

利用するときは、

 

「重大な決心をもって利用する」

 

ぐらいの心構えでちょうどいいものです。

 

ちょこちょこと借りないこと

「少額だからいいか」と、頻繁に利用する使いすぎも危険。

 

借入額が増えるのはもちろん、手数料も馬鹿になりません。

 

1回の利用額は少額でも、返済時にはまとまった金額になってしまいます。

 

借り入れ限度額を低く設定すること

これはいわば最後のセーフティーネット。
どうしても自分でコントロールできない場合、天井を低く設定しておく対策もひとつです。

 

キャッシングリボにはご用心

 

毎月の返済額が一定で、いかにも負担なく返済することができそうなリボ払い。

 

しかしリボ払いは結局返済を先延ばししているだけなので、利息も当然膨らみます。

 

長い目で見ると相当な額を支払う事態に…。

 

慢性化した最悪の場合、利息のために人生を捧げるようなことになりかねません。

 

普通のカードショッピングでもリボ払いには注意ですが、キャッシングリボの利用はなおさら気の引き締めが必要です。

 

基本的に残額0以下の自覚を

 

キャッシングの使いすぎ傾向にある人は基本的に、

 

「自分の残額がマイナスだ」

 

という事実に目を向けていない人が多いです。

 

目の前の欲求や楽しみを冷静に見つめる客観的な見方が重要です。

 

キャッシングは欲求を達成するための利用方法には不向きです。

 

キャッシングによって、

 

「利息を含めるとどれだけ余計に支払う必要があるのか」

 

など、先を見すえた考え方をもつと、無理なキャッシングは回避できます。

 

こういったクールな金銭感覚を持つことこそが、キャッシングの使いすぎを防ぐ最大の心構えと回避策です。

 

 

トップページでは、大手キャッシングサービス「プロミス」の審査のポイントを深掘りして解説しています。

 

キャッシングは、会員サービスの充実した信頼性のある大手に限ります。
プロミスの審査について、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

プロミスの審査情報を確認

関連ページ

ブラック融資 | 一度ブラックになるとつらい現実とは?
ブラックは融資を受けたくてもお金を借りれない可能性が大です。もちろんキャッシングは信用が第一ですから、ブラックに名前が入るのは絶対に避けたいものです。くれぐれも慎重にです。
お金に困った時「人に借りる?」「キャッシングする?」
お金に困った時あなたなら信頼できる人に借りますか?それとも人目を気にせずキャッシングに頼りますか?人それぞれ考え方があるようですね。友達に借りる場合は、返済について特に注意すべきです。

▲TOP