プロミスの金利について考察

プロミス 金利(実質年率)のポイント

プロミスの金利の選択ポイント

 

プロミスの金利を当ページで詳しく紹介しています。
さて、あなたはキャッシングサービスを選択するときにどういった点を重視しますか?

 

 

  • 金利ですか?
  • 知名度ですか?
  • サービスですか?
  • 審査のスピードですか?
  • オペレーターの対応ですか?
  • 手数料の有無ですか?
  • それとも違った理由からでしょうか?

 

 

まずイメージだけで判断し、決めてしまうのは後々後悔します。
キャッシングは借りてからが重要です。

 

どうせ金利分の利息を支払うなら、ちょっとでも金利負担の発生の少ないキャッシングサービスを選ぶべきですね。

 

そう思いませんか?

 

金銭的な面または、困った時に当日や翌日に早く融資ができるなどの、あなたに対するメリットがあるかないか等の理由でも決めるべきだと考えます。

 

審査は最短30分回答

↓ボタンをタップ&クリック↓

 

↓女性はこちらから↓

 

※30日間無利息サービスの利用方法は、プロミスの借り入れがはじめてでWeb明細利用&メールアドレス登録が必要になります。

 

 

プロミスの金利はいくら?

 

まず、プロミスの金利(実質年率)を確認しましょう。

 

「4.5%~17.8%」とたいへん幅のある表示となっています。

 

これはプロミスだけの金利(実質年率)に限らず、各キャッシングサービスも同じような金利の表示の仕方をしています。

 

実際あなたはこの範囲の中の何%の金利で借りることになるのでしょうか。

 

結論をいうと、

 

上限金利が実際の適用金利となります。

 

プロミスでは上の限度が17.8%になりますね。

 

では、なぜ「4.5%~」の記載や表記がされているのでしょうか。

 

これは借り入れ額が大きい時には、利息制限法によって金利を軽減しないといけないからです。

 

プロミスのフリーコールで問い合わせしたところ、
100万円までの借り入れは上限金利「17.8%」が適用されるということでした。

 

ですので、審査によって信用力の強弱で金利は変わるものではないと認識してください。

 

また、年収が高い、日数が長いなどの条件でも金利は変わりません。

 

※アコムやレイク、アイフル、モビットなど他のキャッシングサービスでも、100万円までの融資は上限金利の適用です。

 

各キャッシングサービスの金利比較

 

プロミスの他、上限金利

 

金利を目安にして複数キャッシングサービスを迷っている場合には、上限金利での比較を心がけてください。

 

参考にプロミスやアコム、モビット、アイフルといった各キャッシングサービスの金利を分析し比較をしてみます。
画像の上限金利表を確認してみて下さい。

 

プロミスの金利が最も安くなっています。

 

0.2%とわずかな差ですが、長めの期間や回数を借りる場合には結構な負担になると思います。
金利は低いに越したことはありません。

 

また、同額でも回数が多ければ、追加して利息は多くなりますので注意です。
万一の返済期日への滞納も未然に防ぐことができます。

 

あなたが金利条件だけでキャッシングやカードローンを比較しているなら、プロミスがおすすめです。

 

プロミスなら金利だけでなく、申し込み、審査の方式もわかりやすく、対応も丁寧で早いです。
借りた直後に後悔…なんてことにならないようチェックしてみて下さい。

 

審査は最短30分回答

↓ボタンをタップ&クリック↓

 

↓女性はこちらから↓

 

※30日間無利息サービスの利用方法は、プロミスの借り入れがはじめてでWeb明細利用&メールアドレス登録が必要になります。

 

プロミスの金利以外の目の付け所!

 

キャッシングで払い過ぎない工夫

 

プロミスを含め各キャッシングサービスの上限金利を見ていきました。
各キャッシングサービスは、無担保で、申込み者本人の信用力と返済能力のみの審査で貸します。

 

無担保融資のためリスクヘッジをする必要があり、できるだけ金利が高く設定されます。

 

ただ、利息制限法があるため、その上限の範囲での金利設定にとどまります。
プロミスと他のキャッシング、金利以外に注目すべきはその他の特典やサービスです。

 

「30日間無利息サービス」(はじめての利用に限られ、メアドとWEB明細の利用が必要)

 

「ポイント制度」(ポイントを貯めて利用すると、一定期間無利息になるなど)

 

「瞬フリ」の利用(三井住友銀行又はジャパンネット銀行を指定口座登録すると、24時間最短10秒での振込みキャッシングが利用可能)

 

※瞬フリの詳細はプロミスの公式サイト

 

 

 

金銭的なサービス
上記「1.2」をうまく使えば金利とは別の部分で支払いを軽減することができます。
早さでのサービス
「3」を利用し、土日祝日、早朝深夜でも振込みキャッシングが可能になります。

 

 

 

急ぎの物入りで困った時にプロミスの瞬フリは大変便利です。

 

[おすすめ関連記事]
>>プロミスの30日間無利息サービスはお得?

 

[おすすめ関連記事]
>>プロミスのお得な会員サービスって?

 

プロミスの金利のまとめ

 

プロミスの金利の注意点

 

プロミスの金利の解説でした。
以上の記事は参考になりましたでしょうか?

 

あなたがキャッシングで借り入れる際に節約できるとすれば、「月々の利息」です。

 

利息や利子は「借入残高から計算した金利の負担部分」です。

 

[参考]利息や利子 | Wikipedia

 

借りた金額(元金)が多ければ、金利を掛けるので利息も多めに決まります。

 

理想を言うと、「あなたが考える最少の借入れ総額以下」を融資してもらうのがベスト。
決して、余裕をもって申し込む、借りることが正しいとは言えません。

 

安易に申し込みや審査をするのではなく、プロミスやアコム、レイク等、各サービスの金利を比較して返済プランを計画することが大切です。

 

最終は「○月までに」など、目標の返済月を決めることもおすすめです。

 

プロミスでは金利以外にもお得な会員サービスが充実し、お客様満足度を高めています。

 

また、プロミスカードを発行せずカードレスでバレない「Web完結も可能」で、あなたに最適な申し込み方法を希望することができます。

 

借りるなら、プロミスをお勧めしています。
金利やサービス面でお得に借りて、お金の悩みも解決できたら最高ですよね。

 

プロミスの金利などの情報について、公式ホームページでも確認したい方はこちらから進めます。
公式情報を確認後に申し込みも可能です。

 

審査は最短30分回答

↓ボタンをタップ&クリック↓

 

↓女性はこちらから↓

 

※30日間無利息サービスの利用方法は、プロミスの借り入れがはじめてでWeb明細利用&メールアドレス登録が必要になります。

 

 

 

プロミスの金利コラム

 

プロミスの金利は勉強になりましたか?
時間がある方はコラムにもお付き合いいただければ幸いです。

 

お金が必要な時、この1ヶ月の生活費が難しい時などには、プロミスのカードローンが役に立ちます。

 

ただ、消費者金融と初めて聞いて利用する人は、高い金利がついたり、芸能人が借金地獄に陥ったなどのマイナスな印象を持つことも。

 

でも、番組で取り上げる「借金=怖い行動」という先入観が全般にあるように思います。
借金の形態は違いますが、事業を発展させる上で、融資はごく普通に使われています。

 

また、ビジネスで社会的に実績を出している企業は、銀行から融資を受けている場合がほとんど。

 

話を戻すと、プロミスのキャッシングはWeb申し込みや審査が現在は主流。
インターネットで金利の確認や返済シュミレーションまで手軽にできます。

 

その他の申し込みは、提携ATMの横にブースが設置してあり、基礎知識がなくても、簡単に手続きができる仕組み。
一般の男性や女性とわず一人でも気軽に申し込みできるのが、プロミスの最近の特徴です。

 

金利や契約方法などの疑問や質問がある場合は、プロミスのフリーコール電話で問い合わせたりも可能です。

 

[おすすめ関連記事]
>>プロミスフリーコールの体験談

 

ただ、借り過ぎは危険です。
例えばプロミスで小額を借り入れして、毎月少しずつ返済していけば、有意義な時間を過ごせるはずです。

 

プロミスの金利は他のキャッシングサービスに比較して良心的ですし、上手く借りれば決して重圧にはならない可能性が高いです。

 

大手のキャッシングサービスは「信頼感」「審査の早さ」はもちろん、借りた後の「手厚い会員サービス」などが評判です。

 

当サイトでは、「プロミス」をおすすめしています。
プロミスの審査や申し込み情報が気になる方は、公式サイトでチェックしてみて下さい。

 

▽公式サイトはこちら▽

 

プロミスの詳細をもっと確認してから申し込みや審査に進みたいという方は、トップページに沢山の情報を掲載しています。
プロミスの審査で押さえておきたいコツの解説など、納得のいく情報満載です!

 

プロミスの即日契約の審査

 

最後に、お金を借りることについてもっと知識を深めたい方、貸金業法の関連の解説など、協会ホームページがおすすめです。

 

【参考】
日本貸金業協会ホームページ

 

 


▲TOP