プロミスの申し込み方法の詳細

プロミスの申し込みは「2種類」から選択!

プロミスの申し込み手順

 

プロミスで申し込みをWebで完了させる方法が主流になっています。

 

プロミスの公式ページから可能な「Web申し込み」には、

 

 

  1. 「カンタン入力申し込み」
  2. 「フル入力申し込み」

 

 

2種類の申し込み方法があり、自由に選択できます。

 

どちらの申し込み方法を選択してもプロミスの審査結果には影響しませんので、あなたの好きな申し込み方法で問題ありません。

 

↓男性はこちらから↓

 

〜プロミスのレディースキャッシング〜
安心の女性オペレーターによる対応が人気の秘密。
フル入力申し込みならオペレーターとの会話なしでWeb完結も可能です。

 

↓女性限定の申し込み&審査はこちら↓

 

 

プロミスの申し込み方法 【目次】

  1. プロミスの「カンタン入力申し込み」の特徴とは?
  2. プロミスの「フル入力申し込み」の特徴は?

 

プロミスの「カンタン入力申し込み」の特徴とは?

プロミスのカンタン入力申し込みが合う人

 

 

  • スマホから個人情報の入力が不得意
  • 時間がとれず全部チェックして入力する暇がない
  • 仕事の休憩の時に短時間で完了させたい
  • 帰宅しないと分からない審査項目がある

 

 

プロミスのカンタン入力申し込みは、

 

事前に簡単な審査項目だけ入力し、プロミスに申し込みを済ませておいて、残りは希望時間にかかってくる電話で残りの申し込み項目を答えるだけです。

 

時間を有効に使える為、忙しい方や隙間時間しか取れない方には特におすすめの申し込み方法です。
通勤時間や昼食中の思い立った時にささっと申し込み手続きができます。

 

また、早朝や深夜に、カンタン申し込みだけ完了させておくと、その後の審査が素早く進みます。

 

 

カンタン申し込み時の入力項目は?

 

プロミスの申し込みページであらかじめ入力しておく項目は、

 

 

  1. 氏名・住所
  2. 生年月日・性別・年収
  3. 雇用形態(正社員や契約社員、アルバイトや学生等)など

 

 

調べずに分かる項目がほとんどです。
年収は事前にチェックしておく必要がありますが、他の申し込み項目は問題なく入力できます。

 

年収については 、正社員なら源泉徴収票(一番左の税引き前の金額)を確認するのが手っ取り早いです。

 

源泉徴収票がない勤務形態の場合は、給与明細の年間合計を計算します。
月々の給料が変わらない方は、1ヶ月分に12をかける数字で問題ありません。

 

事前にスマホなどにメモしておけば、申し込み時間の短縮につながります。

 

 

残りの項目は簡単。

 

 

  1. 契約方法(おすすめはWeb契約)
  2. メアド登録
  3. 審査項目に関してプロミスの電話がかかる希望時間帯

 

 

を選択して終了です。
ここまでなんと最短3分でできます。

 

↓男性はこちらから↓

 

↓女性はこちらから↓

 

 

かかってくる電話で質問に回答

 

後は希望した時間にプロミスのオペレーターから電話があります。

 

審査に必要な質問に回答して、結果を待つだけです。
電話は固定電話に限らず携帯電話で大丈夫です。

 

プロミスの申し込みが初めての場合は、Web明細を必ず選択して下さい。

 

プロミスの30日間無利息サービスの利用条件に、このWeb明細利用とメアド登録が申し込み時に必須です。
うっかり忘れないように注意して下さい。

 

プロミス30日間無利息サービスの詳細

 

※プロミス単独の融資希望金額が50万円以下、またはプロミスの融資希望金額+既に他社で借りている合計額が100万円以下なら、申し込み時に収入証明は原則不要で進めることが可能です。

 

急ぎの場合は、小額での申し込みがおすすめです。

 

プロミス必要書類のまとめ

 

勤続年数が短い場合の申し込みのコツ

 

  1. 1年未満の勤続年数で年収が計算不可
  2. 直近1年以内転職し、現在の勤務先と以前の勤務先の合計収入が年収になる

 

1.2の場合、「カンタン入力申し込み」で進めるのが適しています。

 

 

プロミスの公式サイトでの申し込み入力欄には、

 

 

  • @の人は現在までの収入合計
  • Aの人は現在と以前の勤務先の収入合計

 

 

を一旦書き込みます。

 

カンタン入力申し込みなら、後にプロミスのオペレーターから電話がかかります。
その電話の時に、詳細な内容を伝えると誤解がなく進みます。

 

ちなみに、
短い勤続年数は審査では若干不利です。
仮に「フル入力申し込み」で審査を進めると、プロミスのオペレーターと話す機会がないので、収入の説明ができません。

 

「カンタン入力申し込み」後のプロミスからの電話で、あなたの現状や収入の内容を明確に伝えることが必要です。

 

また、ここまで丁寧にすると、審査上の心象も良いような気がします。

 

↓男性はこちらから↓

 

↓女性はこちらから↓

 

プロミスの「フル入力申し込み」の特徴は?

プロミスのフル入力申し込みがおすすめな人

 

 

  • 日頃からスマホで申し込みや買い物することが多い
  • 電話で質問に答えるのが苦手
  • Webで全ての手続きを完了させたい

 

 

プロミスの「フル入力申し込み」は、

 

審査に必要な項目をインターネット上で一気に入力します。
入力し送信した後も、プロミスから原則電話もなく、Web完結でキャッシングの契約手続きまで完了することも可能です。

 

申し込みの入力やインターネットの扱いに慣れてる人は、その簡便さから「も、もう終了!?」と思うかもしれません。

 

フル入力時の申し込み項目は?

 

カンタン入力申し込みの記載事項にプラスして、

 

 

  1. 家族構成
  2. 運転免許証の持っているか
  3. 健康保険証の種類は何か
  4. 勤務先情報(おおよその従業員数や業種など)
  5. 会社への入社年月日
  6. 既に他社の借り入れがある場合のの額など

 

 

をフォームに沿って入力していきます。

 

「情報はできるだけ落ち着いて正確に記入!」が重要なポイントと心構えです。

 

入力項目だけで審査が判断されますので、焦って間違った内容を記入した結果、審査落ちは避けたいものです。

 

プロミスは審査回答まで最短30分

 

プロミスのフル入力申し込みは、審査で判断される項目を一気に入力しますので、終了後は審査内容のヒアリングで電話がかかることは原則ありません。

 

プロミスからの審査回答があるのをリラックスして待ちましょう。

 

時間は最短30分です!

 

↓男性はこちらから↓

 

↓女性はこちらから↓

 

※プロミスへの申し込みの時間帯、審査時間及び進み具合などによって、当日中の融資ができない場合があります。

 

プロミスの申し込み方法はWebの他、自動契約機、来店、郵送など、たくさんのやり方があります。

 

トップページにプロミスの審査ポイントや詳しい情報を掲載しています。
事前に知識があると、プロミスの審査をストレスなく素早く進めることができます。

 

プロミス審査時間


▲TOP