プロミスで審査落ちしない為の対策

【情報更新日】 2017年3月21日

プロミスで審査落ちしない為に!

プロミスで審査落ちを心配

 

  • ・収入が無い月がある等収入の安定性がない
  • ・既に他社からの借入額が多額になっている
  • ・個人信用情報(個人の借入れに関する信用履歴等)に事故情報が記録されている
  • ・総量規制の範囲を超えて申し込みをした
  • ・現在の勤務先で働き始めたばかり

 

 

※個人信用情報とは:金融機関(プロミス等)が借り入れ審査時に確認する個人の借入れに関する信用履歴情報です。

※総量規制は、借入希望額が年収の1/3以下に制限される規制。

 

プロミスで審査落ちしてしまう原因として考えられるのは、上記の5つの理由ではないでしょうか。プロミスは保証人や不動産等の担保無しで借り入れできることがメリットですが、裏を返せば、プロミスの毎月の返済額についてあなた自身の返済能力&信用力のみで「今後の返済に問題がないか?」ここが審査が大きなポイントになります。

 

プロミスの審査が甘いかどうか検索しない

審査が甘いか検索

 

「プロミスは審査が甘いの…?」

「審査が厳しいならプロミスの申し込みは悩む…」

 

など悩んで、他社比較、個人体験から作った根拠のない審査の通りやすさランキング、審査に通過した&審査落ちした人の口コミなど、日々インターネットで検索する方も多いと思います。

 

ですが、結果的に全然参考にならないことが多いです。プロミスを始め、大手のキャッシングサービスは、適正な審査基準のもと利用者の返済が滞ることの無いように、借入金額を提案しています。

 

ネットに投稿されている利用者の「審査に通ったor通らなかった」「審査落ちした人ならここがお勧め」などの情報は、各社の審査基準を把握してのことではありませんし、たまたまその方の何かのプラス材料が考慮されただけ。他のサイトや他の口コミを見てみると、同じ状況の方が審査落ちしている投稿があったりします。

 

プロミスのフリーコールで改善点を相談

プロミスのフリーコールが便利

 

審査落ちしたけど、プロミスでどうしても借りたい場合は、フリーコール(通話料無料)で相談することも1つです。あなたの情報をオペレーターに伝えると、再審査に向けて改善すべき点などを教えてくれるかもしれません。ただ、他社からの借り入れが多い場合は、もしかしたらその場で再審査を受けても難しい旨を伝えられるかもしれません。でもそれはそれで諦めがつきます。分からないままプロミスの審査に通るために、色々調べる時間の浪費を避けることができます。

 

プロミスのフリーコールは、ネットで根拠の無い情報を探すよりはよっぽど参考になります。何といっても融資の当事者ですから。

 

あまり深く考えると、何が正しいのかわからなくなってきます。トップページにプロミスの審査へ申し込みする上でのポイントなどを掲載しています。トップページの目次からあなたの必要な情報を探してみて下さい。

 

審査対策後にプロミスへ申し込み

 

サイトマップ

▲TOP